しっかり寝ることは言うまでもなし

lady013
睡眠不足の人で美白の人はいません・・・と言い切れるほど、睡眠不足はお肌に悪いです。
人間は眠っているときに成長ホルモンを分泌しますので、睡眠が減るほど分泌も減る事になります。
そうなると、体には色々な不調が出てくるのです。睡眠不足になると、肌も体調も悪くなります。

成長ホルモンと聞くと身長を伸ばすホルモンだと思っている人も多いのですが、成長ホルモンによって身長が伸びるのは育ち盛りの子供の話しです。
大人の場合は、体の機能を成長に働かせて維持するという役割を果たしてくれるのが成長ホルモンです。

一般にお肌のゴールデンタイムといわれている時間は夜の10時から翌朝の2時を指しますので、この時間には睡眠を取っておいた方が良いと言えるのではないでしょうか。
夜遅くまで起きて、朝起きるのも遅い・・・という生活スタイルよりも、夜早く寝て朝早く起きる。
こうすることによって、お肌は生まれ変わることになります。

睡眠中は血流が多くなりますので、このときにリラックスすることによって、より良い肌に近づけることができます。睡眠を取るということほど、簡単な美白対策はありません。
寝る前に、敏感肌 化粧水を塗っておくと肌も癒されます。また、質の良い睡眠を取るためにも、寝具などを見直して、お風呂もぬるま湯でゆっくり入ると良いのではないでしょうか。
寝る時は、電気を消して寝てください。電気などの明かりがついていると、体は眠っても脳が眠ることができないからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です