活性酸素

lady027

美白対策を行う上で大切なことは、肌について考えることもです。
肌がサビるという言葉がありますが、これは金属と同じように人間の肌もサビていきます。このサビの原因となるのが活性酵素です。
酸素の中には酸化しやすい酸素と酸化しにくい酸素がありますが、不安定な状態になると酸素は他の物質とくっつこうとします。

この不安定な酸素が活性酸素と呼ばれるもので、酸化力が強いものとなるのです。
酸化した細胞は傷つくと肌も傷つきます。
肌を老化させる・・・、つまり「肌をサビさせる」というわけですね。

活性化酸素は、人間が他内に取りこむ酸素の中で約5%程度と言われていますが、活性酸素は目の気力を維持するために働いているものです。
通常は問題がないのですが、活性酸素を多く取りこんでしまうと、サビてしまいます。

活性酸素は、喫煙でも多くなってしまうのですが、ストレスによってホルモンが過剰に分泌されると、
それを分解するために活性酸素が発生し、活性酸素の数が多くなってしまいます。

活性酸素を多くしないためには、生活習慣を改める、喫煙はしない、お酒も飲み過ぎない・・・という基本的な行動を取らなければいけばいということになるでしょう。
やはり、肌がサビてしまって実年齢よりも老けて見られるようになるのは嫌ですよね。
ですから、活性酸素を過剰に摂取しないように、肌がいつまでも若々しくいられるように、自分自身でも努力する必要があるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です